「NO」を100万回言われる人になる

2018/01/19


未来への投資

あなたは普段、仕事や私生活でどれだけ「NO」と言われているでしょうか。

一般的に「NO」、つまりダメだし(NG)ばかり出される人は”ダメな人”という概念がありますが、見方を変えればたくさん「NO」を言われる人は、それだけ提案している回数、発言する機会が多いわけです。いつも自分から手を上げ提案する、発言しているわけです。

一般的に人は何かを発言するとき、「YES」を期待します。
だから頭がいい人ほど、自分の提案や発言に「YES」と言ってもらえるよう工夫します。

でも工夫というのは内容の調整であり、場合によってはしばしば婉曲されます。多くの場合それは妥協的な内容になり、本質を見失いがちです。

一方、すぐさま全員から「NO」と言われるような提案は、誰にも理解出来ないほど素晴らしいアイデアか、もしくは究極的に本質をふくんでいる意見である場合があります。

しかし人間は弱い生き物なので、「NO」を言われることに消極的です。
気分悪いし時には傷つきます。

その嫌な思いを乗り越えて「NO」を言われ続ける人を私は尊敬し、自分もそうなりたいと願います。そういう人こそ、いつかはイノベーションを起こし、世の中を変えることができると思うのです。

いつも「NO」を言われている方はめげないでください。
いつかあなたが世の中を変えるような業績を残したとき、あなたの発言にはいつも全ての人が「YES」と叫んでくれるでしょう。