マズローの欲求段階説であまり知られていないこと


マズローの欲求段階説

マーケティングや心理学を勉強したことのある方なら大抵知っている「マズローの欲求段階説」

人間の欲求は,生理的欲求,安全の欲求,社会的欲求,自尊の欲求,自己実現の欲求の5段階に分けられ、低いレベルの欲求が満たされないと、上のレベルの欲求は生まれないという説です。

LEVEL1:生理的欲求
人間が生きるために最低限必要な生理現象を満たすための欲求。食べる、寝る、子孫を残すなど。

LEVEL2:安全欲求
誰にも脅かされず、安心して生活したいという欲求。

LEVEL3:社会的欲求
集団に属したり、人から愛情を得たいという欲求。

LEVEL4:自尊の欲求
自分が集団から価値ある存在と認められ、尊重(尊敬)されることを求める欲求。

LEVEL5:自己実現の欲求
自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、あるべき自分を追い求める、創造的活動をしたい、世の中を変えたいなどという欲求。

ここまでは基本なので、なんとなく聞いたことがあると思いますが、あまり知られていないこととして、「欠乏欲求」「成長欲求」があります。

LEVEL1〜4までの欲求は「欠乏欲求」と呼ばれ、足りないものを足していくことで欲求が満たされ上の段階の欲求にいきます。欠乏欲求は「人間の本能」に起因するものであり、人によって欲求に大きな差はなく、それぞれの段階で”ある程度の満足”を得られたら、次の段階に進みます。

しかしLEVEL5は「成長欲求」と呼ばれ、その満足レベルに上限はなく、人によってもその満足度に大きな差が出ます。「成長欲求」は人間の本能(先天性)に起因するものではなく、住んでいる社会、教育、周りとの人間関係などが大きく影響します。

よりよい国や社会を創るには、多くの人がLEVEL5の欲求に達し、その満足度のレベルを成長させる社会環境が必要になります。

今の日本、意外と若い人の中にLEVEL5の段階にある人がたくさん存在する気がします。
なので日本はまだまだ捨てたもんじゃありません。