黒船は見えなかった

2018/01/19


江戸時代後期にアメリカから黒船が浦賀沖にやってきたとき、多くの人には黒船が見えなかったらしいです。

テレビの歴史番組などでは、黒船来襲に人々が大騒ぎになったような光景が描かれていますが、実際には「一体、どれが黒船なんだ」という人が多かったそうです。

未来への投資

別に黒船が海の向こう遠くにあって見えなかったとかいう話ではなく、鉄で出来た蒸気船で走る「船」という概念が人々になかったため、それが「船」だ とはどうしても認識できなかったようです。おそらく人々の脳内では「船」というものに全く違った概念があって、黒船の姿は彼らの中では、「船」という分類 に入るような代物ではなかったのでしょう。

逆に黒船を一目見て、それが日本では考えられない技術を持った国で建造され、それが海を越えてやってきたことに、これから起こるであろう様々な時代 の変化を感じた人もいたわけで(例えば勝海舟なんかそういう人だと思いますが)、いつの時代でも、世の中はそういった人々によって動かされるものだと思い ます。