「リア充」の罠にハマるべからず!

2018/01/19


未来への投資

リア充(リアじゅう)とは、リアル(現実)の生活が充実している人物を指すインターネットスラングである。
当初は、インターネット上のコミュニティに入り浸る者が、現実生活が充実していないことを自虐的に表現するための語だった。その後、このニュアンスは、従来のネット文化に触れていない利用者たちが流入するにつれ、彼らの恋愛や仕事の充実ぶりに対する妬みへと変化していった。

wikipediaより

つまり、仕事に充実していたり、恋人がいたり、友人が多く、いつも飲み会などに出席する人々は「リア充」と呼ばれて羨望の対象となり、逆にネットの世界にどっぷりハマってバーチャルな世界でのみ幸せを得る人を「ネト充」と呼んで蔑ます風潮があるようです。

しかし私が思うに、「リア充」であれ「ネト充」であっても、本人がそれで幸せなら、どっちでもいいんじゃないでしょうか。

問題なのは、何がなんでも「リア充」を目指すために無理をしている人。
そういう人たちは、仲間の輪に入るために好きでもない人に愛想を使い、向いてもいない遊びを一緒にし、面白くない話題ばかりの場であっても楽しそうに過ごす。最悪の場合はそのために自分を変えたり、誰かを傷つけてまでリア充を目指すことになります。

飲み会にいつも誘われるように、誘われたらけっして断らない。
ランチはゆっくりネットでも見ながら過ごしたいのに、気の合わない人と連れ添って食事に出かける。

本当は全然楽しくもないのに、楽しい振りをして「自分はリア充」だと言い聞かせる。
仕事は全然面白くないのに、「俺は仕事ができる」「私は評価されている」と言い聞かせる。

でもそれって、すごく不幸なことだと思うんです。
実生活が充実していることが素晴らしいことには何の疑問も感じません。

でも「リア充」と呼ばれることが、本当にあなたの幸せでしょうか?
時には振り返ってみてもいいのでは?

※ちなみに冒頭の写真。リア充で検索したら出てきた画像です。
こういう風景にいつも映っていることを「リア充」というなら、あなたは本当にこの中に入りたいですか?