アップル株は今後どうなるか


未来への投資

アップルが17年ぶりに株式配当を行うと発表しました。

株式配当とは、株主に対して会社が得た利益の配分を行うものですが、配当を行うかどうかは会社の経営方針によって決めることができます。どれだけ会社が利益を得ていても、その利益は投資にまわすから配当無しと会社が決めれば、配当金は出ません。

この数年、莫大な利益を上げ続けてきたアップルが配当をしなかったのも、経営陣(特にスティーブジョブズ?)がそう決めたからです。

今、アップルの株価は史上最高値をつけ、その会社の価値(時価総額)も世界一です。
そんな時期に配当を発表したのは、さらに株価の上昇を期待してのことでしょう。

ところで、株主には2種類のタイプがあります。

長期的な企業の成長を期待して株を買う「投資家」と、株価の上下を利用して売却益を狙う「投機家」です。

一般的に「投資家」はインカムゲイン(配当金による利益)を期待し、「投機家」はキャピタルゲイン(株式売却益)を期待します。ただし「投資家」は長期的な視点でのキャピタルゲインも狙っています。

株価が史上最高値をつけた現在、アップル株主の関心ごとは、株価が一体どこまで上がるか、いつ下げ始めるかだと思います。このまま上がり続けるなら持ち続けたいし、下がるなら良いタイミングで売りたい。これは「投資家」であれ「投機家」であれ同じ気持でしょう。

そこで17年ぶりの配当の発表です。
あわせて、アップルは最大100億ドル(約8600億円)の自社株買いを発表します。

株価は需要と供給の関係によって決まります。

配当の発表により、「投資家」たちは株を売る気がなくなるでしょう。
株を売る人が少なくなれば、当然株価は上がりやすく、下がりにくくなります。

さらに自社株買い。
これはアップルが市場から自社の株を買って、市場に出回る株の数を減らそうという施策です。
市場に出回る株が少なくなれば、これまた株価は上がりやすく、下がりにくくなります。

配当と自社株買いによって、アップルの株価はさらに上昇する可能性が高まったということです。

そして「投機家」たちは、今後ますます上がるであろうアップル株を求め続けるでしょう。

こうやってアップルの株価は今後もどんどん上がっていくと私は思いますが、株への投資はあくまで自己責任でお願いしますね(笑)