4Kテレビ購入 東芝REGZA Z700X(49インチ)

2018/01/17


REGZA Z700X

昨年末ですが、およそ12年ぶりにテレビを買い換えました。
4K放送が始まってから買い換えようと思ってましたが、最近はネット配信(YouTubeやNetflixなど)で4K対応コンテンツが増えつつあるので購入を決断。

どの機種にするか随分悩みましたが、以下の条件で東芝REGZA Z700X(49インチ)に決定。

1.IPSパネル搭載(側面からでも見やすい)
2.直下型LEDバックライト&エリア制御(映像に深みが出る)
3.倍速液晶(動きの速い映像で残像が残りにくい)
4.タイムシフトマシン機能(外付けHDDに地上波放送を丸ごと録画)

今回はテレビを買ったというより、コンテンツ再生マシンを買ったという感じ。なので高性能液晶パネルを搭載している機種を優先して選びました。

実はスペック的には韓国LGの機種が一番(というか頭抜けて)良かったんですが、できれば日本のメーカーを買いたいし、日本メーカーの中では東芝が一番真面目に製品作りをしていると思いました。

しかし今回いろいろ検討して感じたのは、昔に比べて国内の家電メーカーはテレビにあんまり力を入れていないな〜という事。実際問題、主要メーカの中でシャープは外資に買収されて経営再建中。東芝は経営が大きく傾き、パナソニックは脱家電のビジネスモデルへ転換中。テレビがまだかろうじて事業の中心にいるのはソニーくらいです(三菱や日立に至っては影も形もない印象)

次にテレビを買うとき、日本メーカーで選択肢がないという残念なことにならないよう祈ってます。