携帯会社と愛人の違い

2018/01/19


携帯電話と愛人の違い

 

自慢ではないですが(自慢です)、私はここ数年ほどスマートフォンの購入に1円もお金を使っていません。

使ってきた機種はiPhone4s>iPhone5>iPhone5s>XPERIA Z3>iPhone6という、そうそうたる人気機種ですが、携帯会社(キャリア)の決算月や次のモデルが出る時期になると、どの携帯会社でも他社からの乗り換えを条件に、スマートフォン本体を「一括0円」にするキャンペーンを実施するので、その時期を狙って機種変更するのです。

この話をすると、いつも周りの友人からこう言われます。

「そんな面倒なことしなくても、どこの携帯会社でもスマホは実質0円で買えるよ」

たしかにどの携帯会社でも2年契約を条件にした機種代金「実質0円」という料金プランを打ち出していますが、「実質0円」と「一括0円」は似ているようで全く違います。

実質0円というのは、簡単にいうとこういうことです。

機種代金が8万円とします。

・機種代金の8万円は全てユーザーの負担です(2年間の分割支払い)

・携帯会社は、毎月の通信料金から2年間で8万円分値引きします。

・結果的に機種代金は実質0円になります。

「なるほど、素晴らしい!」と騙されてはいけません。

8万円のスマホを一括0円で買った場合でも同じ割引があるので、その場合は「実質マイナス8万円」になります。「実質0円」と「一括0円」ではその差は8万円あるんです。
それなのに携帯会社は、自由にコントロールできる通信料金を割り引くことで、あたかも機種代金が0円であるよう、ユーザーに錯覚を与えてるんです。

毎月の通信料金というのは携帯会社の言い値であって、その価格が妥当かどうか、コストはいくらで携帯会社はいくら儲かっているか?など、ユーザはぜんぜん判断できません。

言い値というのは「たとえ」が悪いですけど、こういうことです。

例えばあなたに愛人がいるとして、お手当を彼女から「毎月10万円ね」と言われたとしましょう。

 

この「毎月10万円」というのが言い値です。

その価格になんの根拠もありません。彼女の時給はどのくらいで、月に何時間会るのか?
少なくとも5回以上会わないと割に合わんのじゃないか?など情けない計算をしても、答えなんて見つかりません。

ひとつだけ根拠があるとしたら、10万円という価格は彼女が「あなたなら、そのぐらいなら毎月払えるだろうし、それ以上要求したら関係は続かない」と思っている金額です。

で、付き合って1年くらいしたら彼女からこう言われます。

「ねえ、この新しいバッグ(24万円)買ってよ〜」

 

「うーん、ちょっと高いな〜、この間も同じようなバッグ買ってあげたばかりじゃないか」

「これはちょっとだけデザインと大きさが違うの!!
買ってくれたら月々のお手当を1万円まけて9万円にしてあげる。2年間私と別れなければこのバッグ、実質0円になるわよ♥」

どう考えても実質0円ではありませんが、悲しいことに多くのパパが24回払いでバッグを買ってしまうのです。

もちろん毎月のお手当を値引きしたからといって愛人は損をしません。そもそも今後2年間あなたと付き合える保証は何もないんです。今すぐに買ってもらうバッグのほうが重要です。

彼女はバッグを手に入れ、2年間あなたとの関係を継続し、定期的な収入(月9万円)を得る可能性がますます高まります。もし途中で別れる場合は手切れ金(違約金)を貰うことだってできるかもしれません。


どのみち、お金を使うのはあなたです。

携帯会社のビジネスも原理は同じです。

通信ビジネスはユーザーが10倍になったからといって、コストが10倍になるようなビジネスではありません。ユーザが増えれば増えるほど一人当たりのコスト が下がるビジネスなので、他社からユーザーを新規に呼びこむことができれば、毎月の料金を多少値引いたって、充分に儲かるんです。

愛人と携帯会社に違いがあるとしたら、愛人である彼女は生身の人間なので、複数のパパと付き合うには時間的にも体力的にも限界がありますが、携帯会社は基地局をどんどん増やせばいくらでもユーザーを増やすことはできます。

もちろんあまり急にユーザーが増えすぎるとレスポンスが悪くなるのは、愛人も携帯会社も同じです。

最後にもう一度いいいますが、愛人のお手当と携帯電話の料金に共通するのは、「客はこの程度の金額なら毎月支払えるだろうし、それ以上要求したら関係は続かない、他者(他社)に乗り換えられる」と思えるギリギリの金額を設定することが重要であり、価格の根拠はただそれだけだと言うことです。

皆さんくれぐれも、携帯会社の作戦に乗せられないよう気をつけてくださいね。

※この話はなかなか浸透しないので、毎年バージョンアップして投稿しています。