低用量アスピリン療法

2018/01/17


低用量アスピリン

先日、高校からの親友が登山中に脳梗塞になり、意識不明のまま病院に搬送。奇跡的に助かり後遺症もたいして残らなかったけど、友人の中でも一番健康で長生きしそうな奴だったんで、相当ショックでした。
自分の肉親や親族を思い起こすと、両親の親兄弟のほとんどは心疾患で突然死。母方の父母を含めてお風呂で急死した親族が5人もいます(ぎゃくに癌になった人は聞いたことない)

いまのところ健康診断で特に異常はないんですが、年齢も年齢だし明日は我が身といろいろ調べて、ほとんどリスクはなくメリットしかないと判断したので「低用量アスピリン法」を始めました。

日本ではほとんど知られていないけど、循環器系疾患(脳梗塞や心筋梗塞)の予防としてアメリカでは知識層を中心に常識になっている方法です。

日本は意外とアスピリンは手に入りにくいので、バファリンAで代用。1錠300mgをちょうど3分の1に割って100mgを毎日飲みます。コストは1日約5円。

血管が詰まるリスクが劇的に下がります。

低用量アスピリン