50%の確率で当たる宝くじ

2018/01/19


ビットコイン

ビットコイン

ビットコインの価格が50万円/1BTCに迫っています。

将来どのくらいの価格になるのか、金をベンチマークに予想してみました。

・世の中にある金の総額=約800兆円
・ビットコインの総額=約9兆円(2017年8月現在)

将来、ビットコインが金と同等の時価総額になると仮定したら、800兆円÷9兆円=88倍。

約4,200万円/1BTC

になります。
これはあくまで、金をベンチマークにした理論値。

金は金融商品として世界中で資産として保有されていますが、いま現在ビットコインを持っているのは、新しいもの好きのマニアな人だけ。

ビットコインは発行総量が2100万BTCと決まっていて、今現在世の中にあるのは1500万BTCだけ(2100万になるのは2141年と100年以上先の話)

もし世の中の投資家がビットコインを金融商品として認定すると、1500万BTCの奪い合いになるはず。

もちろん、ビットコインが消滅するリスクは充分あって、将来発展するか消滅するか、確率は半々程度だと思います。

つまりビットコインは、50%の確率で当たる宝くじを買うようなもの。

50%の確率で、当たれば100倍になるけど、ゼロになるかもしれない。ゼロになってもいい程度の金額を投資するのが一番だと思います(その額は人によって違うはず)

ちなみに1年前は100倍でなく1000倍の宝くじと言ってましたし実際そうなりました。来年はたぶん10倍になるくじ引きになってるかも。

※投資は自己責任で(笑)